健康・維持の予防管理その4:健康診断.com



メタボリックシンドローム解消にはきちんと運動 しよう

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症の事です。
メタボリックシンドロームと診断されると内臓脂肪の蓄積によりインスリン(インスリンの働きの低下が起こり、糖代謝異常(耐糖能異常、糖尿病)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)高血圧などの動脈硬化の危険因子目白押しの状態なのです。

かなり危険な状態であるといえます。

メタボは食生活の改善とからだに負担の少ない運動や睡眠などで改善が期待できます。
メタボリックシンドロームは、日本で知られるようになったのは最近です。
しかし、実はWHOにより1998年に定義された考え方(病態)なのです。

ちなみに日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、いつ作られたと思います?
それは2005年に日本内科学会総会で作られました。

メタボリックシンドロームを気にして運動を行おうと考える方は、主に中年の方でしょう。

このときに運動や体操を行うならば、体力的にも無理をしない範囲で充分に注意して行ってください。
恐らくメタボな方はほとんど運動をしてこなかった人のはずです。

ですから健康面で自信がない方は、病院で医師によるメディカルチェックを受けるましょう。
まずは自分の体の状態をチェックすることから始めましょう。

特に内科的な疾患がすでに体に起っている場合には必須です。
水泳やテニスゴルフなどもメタボリックシンドロームに対して効果があるといえます。
しかしこれらは、長期間行うことが大切なことです。

ですから、長く続けられるスポーツを選ぶよう心がけてください。
3日坊主では意味がありません。

そして運動中は新陳代謝が高まります。
ですので水分補給はこまめにとりましょう。

高脂血症や糖尿病などで血液がドロドロの方は運動によってはさらにドロドロになる危険があります。
ですので運動の前・中・後は必ず水分補給をしてください。

メタボ対策で運動を始めて体を壊すなど本末転倒ですのでこの点は十分気おつけてください。
posted by 健康診断 at 08:44 | 健康・維持の予防管理その4

メタボリックシンドロームと食事との関係

メタボリックシンドロームは、食生活、生活習慣を少し改善することで予防が可能です。
規則正しいバランスのとれた食事をまずとりましょう。
これがまずはじめの一歩としてはよいでしょう。

やはり食事は腹八分目にしてください。
そして、一日3度きちんと取りましょう。

これが生活習慣病を防止の方法です。
そして食べるときはよく噛みゆっくり食べることを心がけてください。

だいたい、肥満の方に多いのが、早食いなのです。

何故早食いが悪いかというとまずお腹がいっぱいになるメカニズムをみていきます。
食事を取ると血中のブドウ糖が増えます。
そして遊離脂肪酸が急速に減少します。

その結果脳の視床下部の満腹中枢に「食事はいらない」サインが出るのです。

このサインは食事を開始してから10分〜15分で出る仕組みにです。
なの早食いの方は満腹のサインが出たときはときすでに遅しということになっています。
それはすでに必要量を越えてしまっています。

だから早食いは肥満になりやすいのです。
怖いですね。

ですから食べ物をよく噛んで時間をかけて食べることを行ってください。
またよくかんで食べると、ヒスタミンが分泌されます。
そして、満腹中枢を刺激します。

一方、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激されないまま食事が終わります。
そして、満腹感も得られません。
その結果過食になってしまうのです。

また、ヒスタミンの分泌は交感神経を刺激します。
ですから、内臓脂肪は交感神経に支配されています。

だから、内臓脂肪が溶けやすくなるのです。
このように食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をするとさまざまなメリットが得られます。

満腹感が得られ過食防止にもなります。
また、内臓脂肪を消費しやくすします。

こうしてみるとゆっくりとよくかんで食事することがいかにメタボリックシンドロームの対策になるかが理解できるはずです。
メタボリックシンドロームを撃退するためには、まず規則正しいし食生活を行うことも大きな意味を持っています。

では規則正しい食生活とはどのようなものなのでしょうか?
それは、朝食を抜いたりせず1日に3食をきちんと食べることです。

また、夜遅くに夕食を食べるのはやめましょう。
きちんと、適切な時間に食事を摂るということです。

メタボリックシンドローム対策の食事に関する注意事項はこのようなことだと思っておいてください。
タグ:メタボ 食事
posted by 健康診断 at 09:25 | 健康・維持の予防管理その4

生活習慣病とは?

生活習慣病とは、日常の乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことです。
この生活習慣病は、かつては“成人病”と呼んでいました。

この生活習慣病にはさまざまな病気があります。
そして、残念なことに日本人の3分の2が生活習慣病で死亡しているのです。

この生活習慣病は厚生労働省による定義では、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされています。

生活習慣病は、遺伝的な要因もあります。
しかし、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっていると考えられています。

言いかえれば、普段の生活習慣を見直さなければいけません。
そして、生活習慣を改善することにより、病気を予防しできます。

また、症状が軽いうちに治癒することも十分できるのです。
現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加しています。
これが現代日本の現状なのです。

生活習慣が原因となる病気は、たくさんの種類があります。
そしてどこまでが生活習慣病と定義されるのかは明確な境界線はありません。

ですから、病気を理解してください。
そして、健康な体を維持するためにお役立てましょう。

生活習慣と関連する病気生活習慣の違いが病気にも影響を与える食事、運動、喫煙、アルコールの習慣と、それに関わる主な病気をあげるてみます。

食習慣 糖尿病(成人型)、
肥満症、
高脂血症、
痛風(高尿酸血症)、
循環器病(心臓病や脳血管の病気)、
大腸がん、歯周病など、
運動習慣糖尿病(成人型)、
肥満症、高脂血症、高血圧など、
喫煙習慣肺扁平上皮がん、
慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など、
飲酒習慣アルコール性肝疾患などです。

このようにいろいろな症状を生活習慣病と呼んでいるのです。


タグ:生活習慣病
posted by 健康診断 at 08:58 | 健康・維持の予防管理その4

生活習慣病の予防とはどんなもの

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といった生活習慣の改善が必要です。
病気を発見してから治すので襲いのです。

まずは、日頃から自覚をもって、生活を改善していくことがもっとも大切なのです。

不調を感じている箇所はないか、
体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、
食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握しましょう。

そして、問題があると、生活を改善していく。
このようなサイクルを繰り返していきましょう。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に検診を受けることをお勧めします。
さらに家庭の病歴について把握しましょう。

このようことも重要なのです。

家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣病が加わると最悪の結果を生みます。
ですから生活習慣病を予防するためには、重要な三要素が「食事・運動・休養」です。

食事は、バランスのとれた食事をする・肉より魚を多く摂る・塩分のとりすぎに注意する・甘いものに注意するなどを頭の片隅において置いてください。

運動については、生活習慣病予防の運動不足を解消するためには、有酸素運動(楽に呼吸ができ、筋肉に十分酸素を送り込める運動)を、生活に取り入れましょう。

これが生活習慣病の予防には最適です。

ウォーキングは、現代人が無理なく生活に取り入れることのできる手軽な運動のひとつです。
休養については、何より休息・睡眠を十分とることが生活習慣病予防するには重要でなのです。

また、生活習慣病予防には規則正しい生活のリズムが健康生活の第一歩です。

そして、生活習慣病予防には節酒・禁煙を心がけることが必要です。
これが、あなたの体を生活習慣病から守ることになります。

疲労や寝不足は身体バランスをくずします。
そして、生活習慣病になりやすい体質になってしまいます。
posted by 健康診断 at 08:37 | 健康・維持の予防管理その4

生活習慣病予防健診とは?

生活習慣病予防健診については、平成20年4月から、国の方針によりメタボリックシンドロームに着目した「特定健康診査」(特定健診)・「特定保健指導」の実施が医療保険者に義務付けられました。

そこで生活習慣病予防健診には、この「特定健診」の内容が盛り込まれることとなりました。
ですから、検査項目に変更があります。

生活習慣病予防健診の「一般健診」の検査項目に、腹囲計測等の項目が追加されました。

「一般健診」において医師から特定健診の検査項目である「眼底検査」が必要と告げられるケースもあります。
生活習慣病予防健診を受けるには事前の予約が全国的に必要です。

平成20年10月1日から、政府管掌健康保険の保険者が、国(社会保険庁)から全国健康保険協会に変わりました。
高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防・早期発見のために、39歳以下の区民が対象です。

またこれは予約制で行っています。

健診は2日制です。
まず、1日目に検査を行います。

そして、2日目に検査結果の説明と指導があります。
健診内容は、以下の通りです。
・尿検査
・血液検査
・血圧測定
・腹囲測定
・胸部X線検査
・希望者には歯科健診も行っています。

生活習慣病予防健診を申し込める方の年齢については、政府管掌健康保険の保険料を納めている被保険者(本人)の方のうち、40歳〜74歳までの方です。

また35歳〜39歳までの生活改善指導を希望する方が一般健診の対象とされてます。
なお、34歳以下の偶数年齢(翌年の平成21年4月1日における年齢において偶数の年齢)の女性被保険者の方は、「子宮がん検診」のみの申込みができるそうです。
posted by 健康診断 at 20:02 | 健康・維持の予防管理その4

生活習慣病予防士とは?

生活習慣予防士ってご存知ですか?

生活習慣病予防士とは、自分自身や家族、知人を対象としたセルフケアを学びます。
そして、その知識をひろめ、相談に当たる仕事だそうです。

生活習慣病予防士になるための講座が設けられています。
そこでは食生活・ストレス対策・運動など、生活習慣病を予防するために必要な知識を学びます。
またそこから、実践的なセルフケアの方法までを網羅した学習内容だそうです。

生活習慣の改善をしたいと望む人も、いざ改善するとなるとどうしたらいいのかわからないという人も少なくありません。

内閣府の調査でも、改善を望む人の57%は専門家にアドバイスを求めると答えています。
ここでいう専門家とは生活習慣病の専門医を指します。

しかし、予防という観点に立つと専門医もなかなか的確にはアドバイスが出来ないようです。
なぜなら、生活習慣病はその人の生活習慣を観察します。
そしてて、分析する専門性が必要になってくるからです。

ですから生活予防の専門家として生活習慣病予防士がつくられたのです。
この生活習慣病予防士になるには試験を受けなければいけません。

生活習慣病予防士試験の受験条件は、以下の通りです。

1.生活習慣病予防士通学講座受講者で6割以上の出席者
2.生活習慣病予防士通信講座受講者
3.東北福祉大学予防福祉健康増進センターの講座事務局での受講者で受講修了証の取得している者
4.書類審査に合格している者となっています。

生活習慣病予防士の試験出題形式は講座使用の「生活習慣病予防士テキスト」の記述範囲から出題されます。
そして解答方法はマークシートによる四者択一方式(出題数:50問程度)です。

生活習慣病予防士は、自分自身や周囲の生活習慣を客観的に観察します。

そして、生活習慣病を予防するために生活環境(食生活、ストレス対策、運動不足)を改善していきます。
また、生活習慣病について、身近な人の相談を大丈夫です。

生活習慣病にお悩みならぜひ生活習慣病予防士にご相談ください。
posted by 健康診断 at 22:51 | 健康・維持の予防管理その4

生活習慣病と食事の関係をみる

生活習慣病と食事は切っても切りない関係です。

それは、食事が原因となり脂肪を増えてします可能性があるのです。
今の日本の食事は欧米化しています。

現在は肉が中心です。
しかも、油を使ったおかずも数多いです。

そうした中で、肉や油を避けて食事をする事はほぼ不可能です。
また、体に良いからと野菜ばかりを食べていては逞しい身体を作れないでしょう。

つまり、うまくバランスよく肉と野菜を摂ることが理想的です。
更に、味付けも濃いものはやめましょう。
それは塩分が高くなってしまって、生活習慣病になる可能性が高いです。

つまり、食事の味付けにも気を配ることが大切です。

生活習慣病にかからない食事のポイントが3つあります。
それはまず第一に毎日3食欠かさずとりましょう。

生活習慣病にかからない食事のポイントの第二は主食・主菜・副菜をそろえましょう。
そして、栄養バランスを意識した食事にしましょう。

生活習慣病にかからない食事のポイント第三は栄養素の偏りをなくしましょう。
そのためになるべく多くの種類の食品をとることを心がけてください。

肉は脂肪を付けると言われていますね。
これは、脂身を摂取することにが理由です。

ですから、脂身の少ない部位を使いましょう。

しかし、この肉の脂身は、関節の潤滑油にもなります。
ですから、食事の中で適度に摂っておいた方が無難です。

また、調理する油は、菜種油やオリーブオイルといった悪玉コレステロールを下げる油を使うと文句がありません。

できれは更に、味付けは塩分控えめが望ましいです。
posted by 健康診断 at 08:58 | 健康・維持の予防管理その4

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。