健康・維持と予防管理2:健康診断.com



健康運動指導士求人状況いろいろ

健康運動指導士の求人状況については、それほど求人情報が豊富にあるという訳ではありません。
ですので、なかなか自分の求めている職場を探す事が難しいという方が多いとようです。

そもそも健康運動指導士とは、どのようなものかおさらいしておきましょう。
健康運動指導士とは昭和63年(1997年)から厚生大臣が、養成事業としてすすめてきた認定事業です。

生活習慣病を予防し、健康水準を保持・増進する事を目的としています。
これは、健やかな生活を送るために必要になる、安全で効果的な運動指導や、運動プログラムを作成できる人に認定される資格です。

また専門的な資格であると位置付けられ、健康運動指導士の質を上げるため、資格取得はだんだんと困難になってきているようです。
最近は、生活習慣病やメタボリックシンドローム(内臓脂肪型肥満に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した状態をいい、
いわゆるドロドロ血や、動脈硬化を引き起こす要因)に起因する病気が、日本人の抱える疾患や死因の上位を占めていることがあげられます。

それらの症状の予防策や改善策を、食事療法と運動療法を基本に、サポートしていくのが、健康運動指導士の主な目的なのです。

ですから健康運動指導士の求人も、このような社会状況の中で、徐々に増えてきているようです。

健康運動指導士の活躍の場所としては、病院・診療所、老人福祉介護施設・保険福祉施設、健康増進センタ−、保健所、市町村保健センタ−、アスレチッククラブ、フィットネスクラブ、スポーツセンター、また会社内での健康管理部門での勤務が主なものとなります。


posted by 健康診断 at 07:29 | 健康・維持と予防管理2

健康運動指導士資格の過去問

健康運動指導士とは、心臓病をはじめとする生活習慣病・メタボリックシンドロームを予防を目的とします。
そして、国民の健康を促進する人材として、注目を集めている資格です。

健康の保持・増進にかかわる知識等に基づき、安全で効果的な運動プログラムを個々人の状態に応じて作成します。、
そして、その運動プログラムを実際に指導することができる「運動の専門家」です。

健康運動指導士の資格取得には、ます健康運動指導士養成講習会を受講しなければいれません。
その後、健康運動指導士試験(現在は年6回東京や大阪で講習会を行っています)に合格しなければいけません。
その上、さらに健康運動指導士台帳に登録する必要があります。

健康運動士試験は難しくなってきています。
ですから健康運動指導士試験を受けるにあたり、健康運動指導士テキスト、試験問題集・過去問題を重点的に勉強しましょう。

対策としては短期間に、かなりの量の内容を勉強しなければいけません。
ですから試験に合格するためには、効率よく集中をして勉強しましょう。
試験内容として、次の通りです。

1、健康管理概論、
2、運動生理学、
3、栄養と運動、
4、バイオメカニクスと機能解剖、
5、発育・発達・老化、
6、生活習慣病とその予防、
7、運動負荷試験、心電図、
8、運動負荷試験実習
9、運動障害と予防、
10、健康づくり運動の理論と実際、
11、運動指導の心理学的基礎、
12、運動プログラムの管理、
13、肥満の判定と評価基準、
14、ストレス管理法、
15、体力測定と評価、
16、救急措置などのカリキュラム
です。

試験は21日間の講習会が行われます。
そして、最終日に講習内容に沿った筆記試験があります。

難しい試験ですが健康運動士導士はとてもやりがいのある仕事だと思います。
資格取得を目指される方はぜひがんばってください。
posted by 健康診断 at 08:31 | 健康・維持と予防管理2

健康運動指導士の講習会

今、話題となっているメタボリック症候群は、日本人の死因の上位に位置する脳卒中や心疾患など、血管がつまったり、弱くなったり、破れたりすることで起こる、病気の主原因です。
怖いですね。

それらの症状の予防策や改善策は、適度な運動を習慣化しなければいけません。
そして、運動不足を解消することがなにより必要です。

それをサポートするのが、健康運動指導士の仕事です。
この健康指導士は医学的基礎知識、運動生理学の知識をふまえ、個々人に対して安全かつ、効果的な運動プログラムを作成・指導することが必要です。

この健康指導士の資格の取得方法は、まず健康運動指導士養成講習会を受講しなければいけません。
この健康運動指導士養成の講習会とは、健康・体力づくり事業財団が実施する120単位(保健師、管理栄養士、4年制体育系大学の卒業生、健康運動実践指導者、特定施設実務経験者は、単位免除があります)180時間の講習会です。

その内容としましては、健康づくり施策概、健康管理概論、生活習慣病、運動生理学、能解剖とバイオメカニクス、健康づくり運動の理論、運動障害と予防、体力測定と評価、健康づくり運動の実際、救急処置、運動プログラムの管理、運動負荷試験、運動行動変容の理論と実際、運動と心の健康増進、栄養摂取と運動などがあります。


さらにその後に健康運動指導士認定試験に合格したうえで、健康・体力づくり事業財団に登録申請します。

この健康指導士養成講座の受講するにはある一定の条件があります。
その条件とは、保健師又は管理栄養士の資格を有している者、あるいは4年制体育系大学(教育学部体育系学科を含む)及び医学部保健学科の卒業者(卒業見込者を含む)等々です。

健康指導士の資格取得条件を満たされている方はぜひ講習を受けられることをオススメします。
これからの社会に必要な仕事の一つとなるでしょう。
やりがいのあるすばらしい仕事だと思います。

posted by 健康診断 at 09:05 | 健康・維持と予防管理2

健康とウォーキングの関係

健康のために意識的に歩くことを「ウォーキング」と呼びます。
ウォーキングは、有機酸素運動です。

ウォーキングは心肺機能を高めて、体脂肪を効率よく燃焼します。
その結果、肥満や高脂血症などを解消してくれます。

またウォーキングは骨の健康も保ち、骨粗鬆症を防いでくれます。
ですので、老化防止、ダイエットや生活習慣病の予防や、ストレス解消、ボケ防止などの、さまざまな健康効果が期待できます。

あなたもぜひ生活習慣を見直してください。
そして、ウォーキングを通して、健康維持に役立てましょう。

ウォーキングは今大人気です。
その人気の理由は、いつでも、どこでも、だれとでも手軽にできることです。
そのうえウォーキングは、費用もかからりません。

また苦しくないし着替えもいらない。
気分もよくて楽しいし、ストレス発散になる。

しかも運動不足解消にも役立つということにあります。

実際にウォーキングをしてみると、身が軽くなって元気が湧いてきます。
またよく眠れます。
さらには、便秘解消、食欲増進につながる等など、短期効果(1日や数日の実施による効果)が明確なのです。

それを励みとして繰り返しウォーキングを続けてください。
そのうちに、体質が改善されます。
その結果「長期効果」が出てきます。

ウォーキングは、日常生活の中でできるだけ歩く機会をつくるように心掛けてください。
少しでも多く歩くようにしましょう。

例えば、駅や会社などでは、エレベータやエスカレータに乗らずに歩くよう心がけてください。
また、外で昼食をとる場合は、今までのお店より遠くまで足を延ばすとか、帰宅する時は、一つ前の駅で降りて自宅まで歩くとか、買い物に行く時は少し遠回りするとか、いろいろ工夫してください。

とにかく仕事や暮らしの中で、足を使って歩こうということなのです。

ぜひあなたも無理なく始めることの出来るウォーキングを習慣にしてください。
posted by 健康診断 at 09:22 | 健康・維持と予防管理2

デューク更家の健康ウォーキングのススメ

健康に対する意識が高まる中で、40〜74歳の男性の2人に1人、女性の5人に1人がメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)もしくは、その予備軍であるとされています。

ですから、その予防・改善に向けた取り組みが、今注目されています。

ウォーキングドクターでもあるデューク更家さんは、健康法にはずっと前から関心があったようです。
その内容は、ヨガ、気功、武道、バレエ、ストレッチ、呼吸法、運動生理学、ひと通り自分で体験して、あらゆる健康法の長所を取り入れ、誰でも簡単にできるウォーキングエクササイズを生み出したそうです。

そして現在、テレビ、ラジオ、雑誌、CMなどでも活躍しています。
また、著書やDVDもベストセラーになりました。

歩くことは特別なことではありません。
ごく日常の動作で意識せずに行っていることなのです。

ここではディーク更家ウォーキングについてみていきましょう。
デュークズウォークのウォーキングをするにあたって、最初にもっとも重要になるのが姿勢です。

綺麗に、きちんと立てているかによって、ウォーキングの効果が違ってきます。
また、美しく歩けるかなども今後に大きな違いが出てきます。

その基本となる姿勢を「仙骨を立てる」と言うそうです。
仙骨とは骨盤の中央にあります。
仙骨は、背骨の下端に位置する骨です。

この仙骨をきちんと立てることによって、姿勢と骨盤がリセット出来るそうです。

声を出しながら、手を頭上で交差させて、ひねって進むおなじみの歩き方をはじめ、下腹をすっきりさせる、代謝を上げるなど、目的に応じた体操や呼吸法がさまざまあります。

デューク更家さんは、「健康のために運動は、時間をかける必要はないといっています。

日常生活の「すき間」に工夫してやれば良いらしいです。
「けして無理しないでください。無理をすると長続きしません」と助言をしています。

あなたも無理せずにウォーキングの習慣をつけてください。
posted by 健康診断 at 08:58 | 健康・維持と予防管理2

人間ドックの検査項目

会社に勤めている人は、労働安全衛生法に基づいて年に1度、定期健康診断が義務付けられています。
そして主婦や自営業の方は老人保健法に基づいて、自治体が主催する健康診査を受けることができます。
しかし、これらの健診は内容が限られています。

ですので体全体をチェックするには、人間ドックが必要です。
人間ドックは、詳しい検査を多項目にわたり行います。
ですから、多くの病気の早期発見に効果的です。

また病状の経過を見たり、今後の治療の方針を決めたりするのに役立ち大変便利です。

また人間ドックでは合併症を発症していないかもわかります。
また、健診で異常がない人も、人間ドックで異常が見つかることが度々あります。

ですのでこれまで受けたことのない人も、ぜひ人間ドックを受診してください。

検査項目は多岐に渡ります。
検査時間なども希望により1泊2日、1日、半日等の、自分に合ったコースから選択することが可能です。
また、追加検査項目として、さまざまなオプションも追加できます。

では1日ドックの基本的な検査項目をあげてみましょう。
ます゛、身体測定、血圧、眼科、聴力、心電図、肺機能、胸部X線、上部消化管X線、腹部超音波、血液、尿、便、内科診察などです。

オプション項目として、次のようなものです。
C型肝炎抗体検査、骨塩定量検査、大腸内視鏡検査、前立腺がん検査 <男性の方のみ>、乳がん検査 <女性の方のみ>、脳MRI検査、腹部MRI検査、頸部エコー検査、胸部CT検査などです。

この中でも特に、人間ドックで異常が見つかりやすい項目は、何だと思いますか?
それは肝機能障害、高コレステロール、肥満、腎・膀胱疾患、高中性脂肪です。

あなたも人間ドックを受けて病気などの早期発見を心がけてください。
posted by 健康診断 at 07:42 | 健康・維持と予防管理2

人間ドックの料金あれこれ

人間ドックは、健康な人が利用するサービスです。
ですので、保険診療は適用されません。

人間ドックは自由診療になります。
したがって人間ドックの料金(価格)は、各施設が独自に決めています。

しかしサービス内容とは関係なく、周りの医療機関と同じ料金体系にしている「地域性」が見られるのも、人間ドックにおいては事実てす。
ですから、同じ検査項目であっても、施設によって人間ドックの料金(価格)が違うのです。

人間ドックは、保険診療ではありません。
そのためすべて自己負担になります。

しかしこの人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれているため、企業等が加入している健康保険組合によっては,年齢などの条件(35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助金が出る場合もあります。

また、人間ドックを受ける時には、実施機関の検査項目や、サービス内容が、受診者自身の望んでいるものと合っているかを良く確認・検討することをお勧めいたします。

確認検討することは以下のとおりです。
「受診者自身が、必要としている検査が網羅されているか」、
「必要のない検査項目が多いために、料金が高めになっていないか」、
あるいは「スタッフの対応が良く、快適に利用できるだろうか」

などです。

それでは以下に一般的な人間ドック施設の、基本的なコースや主要オプション検査による、おおまかな料金を載せて置きましょう。
・日帰りコース:30,000円〜40,000円 
・1泊2日コース:50,000円〜70,000円
・2泊3日コース:100,000円〜200,000円  

これらはあくまで、おおよその金額です。
ですので、詳しい料金などについては、各施設にお問い合わせをお願いします。
posted by 健康診断 at 22:45 | 健康・維持と予防管理2

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。