健康診断:健康診断.com



定期健康診断を受けましょう。

健康のためにまず必要なことはなんだと思いますか?
それは自分の今の体の状態を知ることです。
そのためにも定期健康診断をオススメします。

また、最近では、数々の生活習慣病などが注目されて、数年が経過しています。
それにも関わらず生活習慣病にかかってしまう人の数というのはあまり変化は見られません。

むしろ生活習慣病にかかる人は上昇傾向にあると言えます。
生活習慣病にかかる前にやはり定期健康診断をきちんと受けてください。

では次に定期健康診断のことについて見ていきます。
定期健康診断とは、労働安全衛生法により義務付けられている健康診断です。

政府管掌の健康保険の方が受けられる生活習慣病予防健診で、年齢等で該当されていない若年層の方々に特にオススメです。

定期健康診断は学校や職場、地方公共団体で行われる法令により実施が義務付けられているものと、受診者の意思で任意に行われる場合があります。

任意の健康診断は診断書の発行を目的とした一般的評価のことが多くです。
また全身的に詳細な検査を行い、色々な疾患の早期発見を目的としたサービスも、広く普及しているようです。

働いている人は会社で受ける事ができます。
ですのでサラリーマンは自分のからだの具合を知ることが出来ます。

しかし、主婦などは自ら行動に移さなければ、なかなか健康診断を受ける機会がありません。

できるだけ年に一回、血液検査をはじめ、様々な部位の検査を受ける事が、望ましいです。
億劫かもしれませんがやはり、年に1度は専門家にきちんと検査してもらったほうが良いでしょう。

現在は生活スタイルが、多種多様に変化してきている社会です。
その中でなかなかそのスタイルを変える事は難しいでしょう。

でしたらせめて、自身の健康に関心を持ってください、
そして、自分の中性脂肪、コレステロールの値はどのくらいなのかや、その数値の変動などをしっかりと把握する事も重要です。

また、それ以外の数値なども、身体の状態を知るのに、とても役立ちます。

血液検査の結果などを毎回保存しましょう。
自分の健康状態を管理する事で、病気の早期発見、治療に備える事ができます。
posted by 健康診断 at 12:38 | 健康診断

健康診断の気になる料金

健康診断は重要だということは解っていただけたと思いますが
資本主義の現代社会において何をするにもお金がかかります。

健康診断の重要性がわかってもやはり自腹を切る場合はやはり料金が気になります。

それではここで健康診断の料金について少し見ていきましょう。

健康診断の料金は、一概には言えません。
しかし、健康診断は基本的に健康保険適用外のため、思ったよりも高い費用がかかってしまいます。

会社勤めをしている人は年に一度会社で健康診断を受ける機会があるでしょう。
基本的に、会社が人間ドックや健康診断にかけた費用は福利厚生費で処理します。
(この場合特定の者だけを対象としない事、検診料や検診内容が通常必要であると認められる範囲内である事、検診料の支払が会社から医療機関に直接行われる事が条件です。)

しかし、家庭の主婦やお年寄り、学生などは自分でお金を払って自主的に受けないといけません。
そんな方々には健康診断の料金はとても気になる所です。

一般の健康診断の相場は、だいたい5,000円〜10,000円くらいの範囲と考えてよいと思います。

ただ、どの病院や診療所や保健所で受けるかという施設の違いで料金も変わってきます。
また、加入している健康保険の種類、住んでいる地域によっても違ってきます。

それに年齢に応じても、健康診断の検査項目は違っています。
年齢をかさねるごとに検査項目は増えていきます。
例をあげれば若い時は受けていなかったガン検診や胃カメラ、また血液検査の内容がさらに細かくなったりです。
それに伴い当然料金もまた高くなります。

さらに細部にわたってチェックするのが「人間ドック」です。
この「人間ドック」も細かく分けるといくつかあります。

脳梗塞や脳動脈りゅうなどを調べる「脳ドック」や、
がんを早期発見するために行う「がん検診」などです。

また特定の病気を検診するものもあります。

年齢や気をつけたい病気などによって、自分に必要なものを選んで受けると良いでしょう。

健康も大事ですが某CMではありませんがお金も大事です。
ですのであなたの気になる項目のものをうまく選択して出来るだけ安く健康診断を受けられたら良いと思います。
posted by 健康診断 at 13:16 | 健康診断

健康診断結果のチェックする項目の重要性

ここでもう一度健康診断の目的をおさらいしておきましょう。
健康診断の目的は以下の通りです。

病気を予防する
病気の早期発見、
早期治療のほか、検査結果から身体の発する危険信号が察知されることで生活習慣の改善を促す。

見ていただいたとおりに健康診断は大切な役割を担っています。

今現在、多くの人が健康管理のために健康診断を受けています。、
しかし送付されてきた結果表の内容は何が書いてあるのか専門用語が多く難しいです。
ですから健康診断は本来の目的をうまく果たせていません。

基本的な健康診断でも検査項目は多岐にわたります。
健康診断の検査項目は以下の通りです。
・身長
・体重
・視力
・聴力、
・既往歴
・業務歴、
・自覚症状
・他覚症状、

また画像診断検査では
・胸部エックス線、
・胃、十二指腸X線造影、
・喀痰検査、
・血圧、
・肝機能、
などです。

また血液検査では、
赤血球、
血色素、
白血球、
血液像、
血小板、
血中脂質、
血糖、
などです。

次に尿・便検査では
尿蛋白、
尿潜血反応、
尿糖、
尿酸、
便潜血反応
などです。

また、超音波、眼底・眼圧、心電図、婦人科検査と、実に様々な項目が並びます。

健康診断は高血圧や糖尿病、高脂血症、心臓病などの生活習慣病や、成人病を早い段階で発見することを目的としています。
ですので癌などの早期発見には検査が不十分な面があります。

このため、市町村と保健所が協力して、早期発見に的をしぼった癌検診などを実施しています。

診断結果、「基準外」に該当した場合に、精密検査および医療機関での受診は、もちろん重要です。
しかしいずれの場合でも、返ってきた検査結果を正常値と見比べて、異常のある項目に関してまず精密な検査を受けてください。
そして専門家のアドバイスに従い、毎日の生活に気を配るりましょう。

そうすることで、改善していく事が何より大切です。

あなたも定期健康診断だけではなく早期に発見を目的としたがん検診も受けてみてください。
癌は早期に発見できればそれ程怖い病気ではありません。

posted by 健康診断 at 16:27 | 健康診断

特殊健康診断とは 一体何?

仕事の内容は多種多様です。
そこから発生する職業病と呼ばれる症状もさまざまです。

ここではそんな職業病を改善するための特殊健康診断というものを見ていきます。
特殊な環境下で働く人が、その就労する業務が体に害を及ぼす恐れのある場合、より厳重な健康管理が必要とされます。
そのため危険有害業務に従事する人々を対象に実施される健康診断が、特殊健康診断です。

各々、法令や行政指導に基づき、所定期間ごとの受診が義務づけられています。
法令で定められている以下の8種があります。

じん肺健康診断、
鉛健康診断、
特定化学物質等健康診断、
電離放射線健康診断、
有機溶剤健康診断、
高気圧業務健康診断、
四アルキル鉛健康診断 、
歯科健康診断、
などです。

その中でも、じん肺は、3年に1回健診が必要です。

また特殊健康診断個人票は、エックス線フィルムとともに7年間保存しなければいけません。

鉛・有機溶剤は、1年に2回健診しなければいけません。

特殊健康診断個人票は、5年間の保存が義務付けられています。

また、「腰痛」重量物取扱作業、障害児(者)施設等における介護作業、腰部に過度の負担のかかる立ち作業、同腰掛け作業、同座作業、長時間の車両運転などに従事する労働者、「VDT作業」パソコン、ワープロ操作などのVDT作業に常時従事する労働者、「騒音」等価騒音レベルが85dB(A)以上になる可能性が大きい、60作業場の業務に従事する労働者は、行政指導により実施が薦められています。

その他・キーパンチャー・有害光線・高熱作業等も、法令・行政指導に基づく健康診断を実施しています。

なお、平成18年からは新しく石綿「アスベスト」取扱者に対して、石綿障害予防規則に基づく健診が、義務付けられました。

ぜひ、確実に実施なさるようお勧めします。

仕事も大切ですがあなたの体はもっと大切です。
あまり仕事で無理ばかりなさらないようお願いします。

そのためにも特殊健康診断もぜひ受けてください。
posted by 健康診断 at 18:34 | 健康診断

就職時の健康診断書提出

就職時に提出を求められる書類といえば、履歴書、各証明書、そして健康診断書があげられます。
就職活動をする者にとって病院での健康診断は、あまり馴染み無いでしょう。、

しかし、受ける前の注意事項を忘れずにしっかり守ってください。
そして、健康診断を受けるようにしましょう。

現在多くの企業が健康診断書の提出を要求しています。

そのため就職活動時期になると、たくさんの学生が病院を訪れ、健康診断を受けていきます。

就職活動を始めると、健康診断書という言葉をよく耳にしたり、目にしたりするはずです。
それは健康診断書はかなりの確率で応募書類として求められる書類だからです。

健康診断書は学校で発行してくれる場合もあります。
また自分で病院に行き健康診断を受けなければならない場合もあります。
どちらにしても、早めに用意しておくが肝心です。

健康診断は待ち時間を除いた所要時間は、おそらくだいたい30分〜60分程度と見ておけばよいでしょう。

健康診断の内容は、基本的にはどの病院もほぼ同じと言えます。
しかし、金額は病院によって変わってきます。
ですからいくつかの病院の健康診断の料金を調べてから選ぶと良いでしょう。

また健康診断を受けた日から、診断書が発行されるまで約1週間ほどかかります。
その点は注意しておいてください。

就職活動の都合で、急ぎで必要な場合は追加料金を払うと、当日に作成してくれる病院もあります。
急いでいる場合はあらかじめ確認しておきましょう。

健康診断を受けてから当日の発行は無理といわれると無駄になってしまいます。
そのためにもきちんと確認しておいてください。

就職活動でだいたい必要となる健康診断書。
学生であるなら、まずは自分の通う学校で発行してくれるのかどうか確認しましょう。
そして、病院に行って健康診断を受けなければならない場合は、以下のことを注意してください。
病院・クリニックに問い合わせて予約が必要か、朝食は食べて良いいいのか、など必要事項を確認です。

就職活動に必要になってくる健康診断書は出来るだけ早く取っておきましょう。
あとでバタバタしないためにも出来るだけ早くです。
posted by 健康診断 at 22:38 | 健康診断

雇入時健康診断書を提出しなければいけません。

入社時に健康診断が必要になってきます。
これは労働安全衛生法により、雇い入れ時と1年に1度の定期健康診断が義務付けられ、費用は会社が負担します。
各従業員の健康診断書は会社に保存が義務付けられていてます。

これは労基署の調査でも提示を求められる書類です。
ですからしっかりと対応しましょう。

定期健康診断を実施する企業は多いです。

しかし、この雇入時の健康診断をきちんと実施している企業は、割合に少ないと思われます。
一般的に「労働基準法」で定められた内容で、雇入時健診の場合は以下の通りです。
・身体測定
・視力検査
・聴力検査
・色神
・尿検査(糖、蛋白のみ)
・内科診察及び問診(業務歴、既往歴、自覚症状、他覚症状)
・胸部レントゲン(直接撮影 正面1枚)
・採血検査(企業によっては採血検査の内容はまちまちです)
・心電図が最低必要となります。

定期健康診断では、一部の検査を省略することが認められています。
しかし、この雇入時の健康診断は、原則として診断項目の省略は認められていません。

あと、これは一般的ではないのですが、必要であれば握力検査も含まれます。
こちらをとりあえず受けておけば、複数受ける場合の大概の企業の再発行の書類作成はできます。

ただし場合によっては、それ以上の採血項目が必要になるときもあります。

前にも書きましたように、会社によって雇入時の健康診断の内容が異なります。
お問い合わせの際には必ず、会社の方に必要検査項目を確認しておいてください。

ただし、採用前3か月以内にすべての項目について、医師による健康診断が行われている時には、改めて健康診断を行う必要はありません。

いかがでしたか?
あなたが新しい会社に入るときはこのようなことも気おつけて置いてください。
細かいことかもしれませんが、必要書類をきちんと間違えずに提出すればあなたの評価を上げるかもしれません。

もしそうはならなくてもあなたの評価をさげることは絶対ありません。

posted by 健康診断 at 22:29 | 健康診断

健康運動指導士とは どんな人なのでしょう。

健康診断で現在の体の状態を把握したら次に運動にも気にかけてください。
あなたは毎日からだをうごかしていますか?

動脈硬化や心臓病など生活習慣病になるのは、運動不足が原因のひとつと言われています。
これを防ぐために、生活習慣病の予備軍が運動をすれば良いのです。

しかし、適切な運動をするには、それを指導する専門家が必要になります。
その専門家が「健康運動指導士」です。
この「健康運動指導士」は、昭和63年から当時の厚生省が認定した機関である(財)健康・体力づくり事業財団が認定する国家資格です。

医学・運動生理学に関する専門的知識を持ち、個人の体力や生活に応じて、安全で効果的な運動プログラムを作成します。
そして直接指導する能力と体力を持った人が認定されます。

この健康運動指導士は今でも1万人以上いてます。

健康運動指導士はフィットネスクラブなどで活躍しています。

政府はその数をさらに増やしていく予定みたいです。

健康運動指導士の資格は、次のような方が取れます。
保健師・管理栄養士・看護師で、かつ4年制大学卒業以上など、一定の要件を満たした者の中で講習を受講し、認定試験に合格すれば取得できます。

ただし、この講習は3ヶ月間(21日間、144時間)もあります。
これを受講してさらに学科試験に合格しなければなりません。

これをさらに、体育系大学で必要な単位を修めた者に、受験資格を認めようとしています。
生活習慣病に関する講義や実習を行う体育系大学を「養成校」に指定して、必要な単位を取得した卒業生は、この資格試験の受験資格を得るという仕組みです。

超高齢化社会を目前に、健康維持は国民の課題とも言えます。
政府の狙いも、そこにあるのでしょう。
その意味では非常に将来性がある資格です。

誰でも取れる資格ではないのですが要件をみたしているのならばとっておいても損はないと思います。
posted by 健康診断 at 21:24 | 健康診断

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。