メタボリックシンドローム解消にはきちんと運動 しよう:健康診断.com



メタボリックシンドローム解消にはきちんと運動 しよう

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪肥満症の事です。
メタボリックシンドロームと診断されると内臓脂肪の蓄積によりインスリン(インスリンの働きの低下が起こり、糖代謝異常(耐糖能異常、糖尿病)、脂質代謝異常(高中性脂肪血症、低HDLコレステロール血症)高血圧などの動脈硬化の危険因子目白押しの状態なのです。

かなり危険な状態であるといえます。

メタボは食生活の改善とからだに負担の少ない運動や睡眠などで改善が期待できます。
メタボリックシンドロームは、日本で知られるようになったのは最近です。
しかし、実はWHOにより1998年に定義された考え方(病態)なのです。

ちなみに日本のメタボリックシンドロームの診断基準は、いつ作られたと思います?
それは2005年に日本内科学会総会で作られました。

メタボリックシンドロームを気にして運動を行おうと考える方は、主に中年の方でしょう。

このときに運動や体操を行うならば、体力的にも無理をしない範囲で充分に注意して行ってください。
恐らくメタボな方はほとんど運動をしてこなかった人のはずです。

ですから健康面で自信がない方は、病院で医師によるメディカルチェックを受けるましょう。
まずは自分の体の状態をチェックすることから始めましょう。

特に内科的な疾患がすでに体に起っている場合には必須です。
水泳やテニスゴルフなどもメタボリックシンドロームに対して効果があるといえます。
しかしこれらは、長期間行うことが大切なことです。

ですから、長く続けられるスポーツを選ぶよう心がけてください。
3日坊主では意味がありません。

そして運動中は新陳代謝が高まります。
ですので水分補給はこまめにとりましょう。

高脂血症や糖尿病などで血液がドロドロの方は運動によってはさらにドロドロになる危険があります。
ですので運動の前・中・後は必ず水分補給をしてください。

メタボ対策で運動を始めて体を壊すなど本末転倒ですのでこの点は十分気おつけてください。
posted by 健康診断 at 08:44 | 健康・維持の予防管理その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。