メタボリックシンドロームと食事との関係:健康診断.com



メタボリックシンドロームと食事との関係

メタボリックシンドロームは、食生活、生活習慣を少し改善することで予防が可能です。
規則正しいバランスのとれた食事をまずとりましょう。
これがまずはじめの一歩としてはよいでしょう。

やはり食事は腹八分目にしてください。
そして、一日3度きちんと取りましょう。

これが生活習慣病を防止の方法です。
そして食べるときはよく噛みゆっくり食べることを心がけてください。

だいたい、肥満の方に多いのが、早食いなのです。

何故早食いが悪いかというとまずお腹がいっぱいになるメカニズムをみていきます。
食事を取ると血中のブドウ糖が増えます。
そして遊離脂肪酸が急速に減少します。

その結果脳の視床下部の満腹中枢に「食事はいらない」サインが出るのです。

このサインは食事を開始してから10分〜15分で出る仕組みにです。
なの早食いの方は満腹のサインが出たときはときすでに遅しということになっています。
それはすでに必要量を越えてしまっています。

だから早食いは肥満になりやすいのです。
怖いですね。

ですから食べ物をよく噛んで時間をかけて食べることを行ってください。
またよくかんで食べると、ヒスタミンが分泌されます。
そして、満腹中枢を刺激します。

一方、早食いをしてしまうと、満腹中枢が刺激されないまま食事が終わります。
そして、満腹感も得られません。
その結果過食になってしまうのです。

また、ヒスタミンの分泌は交感神経を刺激します。
ですから、内臓脂肪は交感神経に支配されています。

だから、内臓脂肪が溶けやすくなるのです。
このように食べ物をよく噛んで時間をかけて食事をするとさまざまなメリットが得られます。

満腹感が得られ過食防止にもなります。
また、内臓脂肪を消費しやくすします。

こうしてみるとゆっくりとよくかんで食事することがいかにメタボリックシンドロームの対策になるかが理解できるはずです。
メタボリックシンドロームを撃退するためには、まず規則正しいし食生活を行うことも大きな意味を持っています。

では規則正しい食生活とはどのようなものなのでしょうか?
それは、朝食を抜いたりせず1日に3食をきちんと食べることです。

また、夜遅くに夕食を食べるのはやめましょう。
きちんと、適切な時間に食事を摂るということです。

メタボリックシンドローム対策の食事に関する注意事項はこのようなことだと思っておいてください。
タグ:メタボ 食事
posted by 健康診断 at 09:25 | 健康・維持の予防管理その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。