生活習慣病とは?:健康診断.com



生活習慣病とは?

生活習慣病とは、日常の乱れた生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気のことです。
この生活習慣病は、かつては“成人病”と呼んでいました。

この生活習慣病にはさまざまな病気があります。
そして、残念なことに日本人の3分の2が生活習慣病で死亡しているのです。

この生活習慣病は厚生労働省による定義では、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」とされています。

生活習慣病は、遺伝的な要因もあります。
しかし、食生活や運動、喫煙、飲酒、ストレスなどが深く関わっていると考えられています。

言いかえれば、普段の生活習慣を見直さなければいけません。
そして、生活習慣を改善することにより、病気を予防しできます。

また、症状が軽いうちに治癒することも十分できるのです。
現代社会では、さまざまな要因から生活習慣病患者および生活習慣病予備軍と呼ばれる方々は増加しています。
これが現代日本の現状なのです。

生活習慣が原因となる病気は、たくさんの種類があります。
そしてどこまでが生活習慣病と定義されるのかは明確な境界線はありません。

ですから、病気を理解してください。
そして、健康な体を維持するためにお役立てましょう。

生活習慣と関連する病気生活習慣の違いが病気にも影響を与える食事、運動、喫煙、アルコールの習慣と、それに関わる主な病気をあげるてみます。

食習慣 糖尿病(成人型)、
肥満症、
高脂血症、
痛風(高尿酸血症)、
循環器病(心臓病や脳血管の病気)、
大腸がん、歯周病など、
運動習慣糖尿病(成人型)、
肥満症、高脂血症、高血圧など、
喫煙習慣肺扁平上皮がん、
慢性気管支炎、肺気腫、循環器病、歯周病など、
飲酒習慣アルコール性肝疾患などです。

このようにいろいろな症状を生活習慣病と呼んでいるのです。


タグ:生活習慣病
posted by 健康診断 at 08:58 | 健康・維持の予防管理その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。