生活習慣病の予防とはどんなもの:健康診断.com



生活習慣病の予防とはどんなもの

生活習慣病の予防は、食事、運動、休養といった生活習慣の改善が必要です。
病気を発見してから治すので襲いのです。

まずは、日頃から自覚をもって、生活を改善していくことがもっとも大切なのです。

不調を感じている箇所はないか、
体型や体重、血圧などに大きな変化はないか、
食生活で不足している栄養素はないかといったことを把握しましょう。

そして、問題があると、生活を改善していく。
このようなサイクルを繰り返していきましょう。

血糖値やコレステロール値など、自分でチェックできないものについては、定期的に検診を受けることをお勧めします。
さらに家庭の病歴について把握しましょう。

このようことも重要なのです。

家族から受け継いだ危険因子に悪い生活習慣病が加わると最悪の結果を生みます。
ですから生活習慣病を予防するためには、重要な三要素が「食事・運動・休養」です。

食事は、バランスのとれた食事をする・肉より魚を多く摂る・塩分のとりすぎに注意する・甘いものに注意するなどを頭の片隅において置いてください。

運動については、生活習慣病予防の運動不足を解消するためには、有酸素運動(楽に呼吸ができ、筋肉に十分酸素を送り込める運動)を、生活に取り入れましょう。

これが生活習慣病の予防には最適です。

ウォーキングは、現代人が無理なく生活に取り入れることのできる手軽な運動のひとつです。
休養については、何より休息・睡眠を十分とることが生活習慣病予防するには重要でなのです。

また、生活習慣病予防には規則正しい生活のリズムが健康生活の第一歩です。

そして、生活習慣病予防には節酒・禁煙を心がけることが必要です。
これが、あなたの体を生活習慣病から守ることになります。

疲労や寝不足は身体バランスをくずします。
そして、生活習慣病になりやすい体質になってしまいます。
posted by 健康診断 at 08:37 | 健康・維持の予防管理その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。