生活習慣病と食事の関係をみる:健康診断.com



生活習慣病と食事の関係をみる

生活習慣病と食事は切っても切りない関係です。

それは、食事が原因となり脂肪を増えてします可能性があるのです。
今の日本の食事は欧米化しています。

現在は肉が中心です。
しかも、油を使ったおかずも数多いです。

そうした中で、肉や油を避けて食事をする事はほぼ不可能です。
また、体に良いからと野菜ばかりを食べていては逞しい身体を作れないでしょう。

つまり、うまくバランスよく肉と野菜を摂ることが理想的です。
更に、味付けも濃いものはやめましょう。
それは塩分が高くなってしまって、生活習慣病になる可能性が高いです。

つまり、食事の味付けにも気を配ることが大切です。

生活習慣病にかからない食事のポイントが3つあります。
それはまず第一に毎日3食欠かさずとりましょう。

生活習慣病にかからない食事のポイントの第二は主食・主菜・副菜をそろえましょう。
そして、栄養バランスを意識した食事にしましょう。

生活習慣病にかからない食事のポイント第三は栄養素の偏りをなくしましょう。
そのためになるべく多くの種類の食品をとることを心がけてください。

肉は脂肪を付けると言われていますね。
これは、脂身を摂取することにが理由です。

ですから、脂身の少ない部位を使いましょう。

しかし、この肉の脂身は、関節の潤滑油にもなります。
ですから、食事の中で適度に摂っておいた方が無難です。

また、調理する油は、菜種油やオリーブオイルといった悪玉コレステロールを下げる油を使うと文句がありません。

できれは更に、味付けは塩分控えめが望ましいです。
posted by 健康診断 at 08:58 | 健康・維持の予防管理その4
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。