人間ドックの費用と医療費控除:健康診断.com



人間ドックの費用と医療費控除

人間ドックは、健康な人が利用するサービスです。
ですので、保険診療は適用されず自由診療になります。
だからどうしても割高になってしまいます。

したがって人間ドックの料金(価格)は、各施設が独自に決めています。
これは、サービス内容とは関係なく、周りの医療機関と同じ料金体系にしている「地域性」が見られるのももあります。
しかし、人間ドックは、同じ検査項目であっても、施設によって人間ドックの料金(価格)が違いがあるのが普通です。

人間ドックは、保険診療ではありません。
そのためすべて自己負担になります。

これは、人間ドックは労働基準法、労働安全衛生法で定められている健康診断に含まれています。
そのため、企業等が加入している健康保険組合によっては,年齢などの条件(35歳あるいは40歳以上)を満たせば一定額の補助金が出ることがあります。

また、人間ドッグの医療費控除(所得控除の1つで、納税者本人または本人と生計をひとつにする配偶者やその他の親族のために、年間に一定額以上の医療費を支払った場合、その費用を所得から控除できるというもの)は、その結果次第で、対象になるかどうか変わってきます。

診断の結果、重大な病気が見つかって治療を受けたときは、その人間ドッグ費用は控除の対象となります。
しかし、健康だった場合は対象外です。

この人間ドッグは残念ながら比較的、高額なものが多いのです。
ですから受ける前に実施機関の検査項目や、サービス内容が、受診者自身の望んでいるものと合っているかを良く確認・検討しましょうる
そうしてから受診すした方が良いでしょう。
posted by 健康診断 at 09:06 | 健康・維持と予防管理3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。