メタボリックシンドロームの予防に必要なこと:健康診断.com



メタボリックシンドロームの予防に必要なこと

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が溜まりすぎることにより、高脂血症や糖尿病、高血圧などの生活習慣病を引き起こした状態のことをこう呼びます。

さらにメタボ状態を放っておくと動脈硬化が進みます。
その結果心疾患や脳血管疾患などの死に至るような病気にかかりやすくなります。

そのためメタボリックシンドロームの予防の一環として、2008年の4月からメタボリックを重視した健康診断、俗称「メタボ診断」が始まりました。
健康診断は身長や体重血液検査などに加え、腹囲を測ったり内臓脂肪のチェックが実施されるようになりました。

更に、健康診断の成果次第では、食生活や運動不足などの生活習慣の見直しを支援してくれます。
このようにして、内臓脂肪を減らすサポートを色々としてくれるようです。

普段の予防として、食生活の改善は欠かせません。
バランスのとれた適切な量の食事を心掛けるようにしましょう。
それとともに、食事をする時間や食べ方(早食いや大食い)などにも注意しましょう。

1日3食は規則正しく食べましょう。

また、内臓脂肪を減らすためには、日頃から体を動かす習慣を身につけておくことが大切になってきます。
活発な運動活動を行うと、消費エネルギーが増えます。
そして、身体機能が活性化することにより、血糖や脂質がより多く消費されるようになります。

その結果、内臓脂肪が減少しやすくなるのです。

こうしたサイクルが、血糖値や脂質異常、高血圧が改善されて生活習慣病の予防になるでしょう。
あと、喫煙は、多くの有害物質を含み、健康にさまざまな悪影響をおよぼします。
またガンや、動脈硬化を進行させ、脳卒中や虚血性心疾患のリスクも高めるので、禁煙も心掛けましょう。

ここまですればメタボ対策は完璧です。
posted by 健康診断 at 12:20 | 健康・維持と予防管理3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。