メタボリックシンドローム対策:健康診断.com



メタボリックシンドローム対策

メタボリックシンドローム最近なにかと話題です。
このメタボの原因は、過栄養と運動不足と考えられています。
その結果として内臓脂肪がたまり(腹囲;男性85cm以上・女性90cm以上)、肥満(BMI25以上)となるのです。

この状態は、高脂肪血症、耐糖能異常、高血圧症として健康診断時の数値として現れまする
そして、やがて心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化を引き起こすといわれています。
このメタボリックシンドローム対策として、本質的には肥満の解消が最も重要です。

何を食べるかよりも、まず基本的には、カロリーの総摂取量を減らすことです。
むろん血糖が上がりにくい食品を主にして、バランスの良い食事が出来ればよいのでしょう。

しかし、栄養学的にまだ何が体にとって良いものなのかというしっかりした証拠がありません。
また栄養過多の現状では、カロリーの絶対量を少なくすることが、基本です。

減量に関しては、食事7割、運動3割です。
こう考えると、やはり食事のケアが大切です。

それに、生活習慣病の予防に役立つ健康法として、ウオーキングがあります。
最近これを実践する人が増えています。

ウオーキングのように、ゆっくりした運動ほど消費エネルギーに占める脂肪の割合が高くようです。
また効率的で、老若男女問わず、特別な施設や器具も必要もありません。
しかも、関節や筋肉への負担も少ないなどの利点が多くあることがウォーキングの特徴です。

平成20年4月から特定検診・特定保険の指導が始まります。
国としても国民病と言われているメタボリックシンドローム対策や予防を、課題として取り組むことになったのです。
これにより各保健機関において、基本健康検査を受ける際に、メタボリックシンドロームのチェックが可能になったのです。

あなたもメタボぎみだと感じたらまず、食事と運動を気をつけるようにしてください。
posted by 健康診断 at 16:27 | 健康・維持と予防管理3
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。