健康とウォーキングの関係:健康診断.com



健康とウォーキングの関係

健康のために意識的に歩くことを「ウォーキング」と呼びます。
ウォーキングは、有機酸素運動です。

ウォーキングは心肺機能を高めて、体脂肪を効率よく燃焼します。
その結果、肥満や高脂血症などを解消してくれます。

またウォーキングは骨の健康も保ち、骨粗鬆症を防いでくれます。
ですので、老化防止、ダイエットや生活習慣病の予防や、ストレス解消、ボケ防止などの、さまざまな健康効果が期待できます。

あなたもぜひ生活習慣を見直してください。
そして、ウォーキングを通して、健康維持に役立てましょう。

ウォーキングは今大人気です。
その人気の理由は、いつでも、どこでも、だれとでも手軽にできることです。
そのうえウォーキングは、費用もかからりません。

また苦しくないし着替えもいらない。
気分もよくて楽しいし、ストレス発散になる。

しかも運動不足解消にも役立つということにあります。

実際にウォーキングをしてみると、身が軽くなって元気が湧いてきます。
またよく眠れます。
さらには、便秘解消、食欲増進につながる等など、短期効果(1日や数日の実施による効果)が明確なのです。

それを励みとして繰り返しウォーキングを続けてください。
そのうちに、体質が改善されます。
その結果「長期効果」が出てきます。

ウォーキングは、日常生活の中でできるだけ歩く機会をつくるように心掛けてください。
少しでも多く歩くようにしましょう。

例えば、駅や会社などでは、エレベータやエスカレータに乗らずに歩くよう心がけてください。
また、外で昼食をとる場合は、今までのお店より遠くまで足を延ばすとか、帰宅する時は、一つ前の駅で降りて自宅まで歩くとか、買い物に行く時は少し遠回りするとか、いろいろ工夫してください。

とにかく仕事や暮らしの中で、足を使って歩こうということなのです。

ぜひあなたも無理なく始めることの出来るウォーキングを習慣にしてください。
posted by 健康診断 at 09:22 | 健康・維持と予防管理2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。