人間ドックの検査項目:健康診断.com



人間ドックの検査項目

会社に勤めている人は、労働安全衛生法に基づいて年に1度、定期健康診断が義務付けられています。
そして主婦や自営業の方は老人保健法に基づいて、自治体が主催する健康診査を受けることができます。
しかし、これらの健診は内容が限られています。

ですので体全体をチェックするには、人間ドックが必要です。
人間ドックは、詳しい検査を多項目にわたり行います。
ですから、多くの病気の早期発見に効果的です。

また病状の経過を見たり、今後の治療の方針を決めたりするのに役立ち大変便利です。

また人間ドックでは合併症を発症していないかもわかります。
また、健診で異常がない人も、人間ドックで異常が見つかることが度々あります。

ですのでこれまで受けたことのない人も、ぜひ人間ドックを受診してください。

検査項目は多岐に渡ります。
検査時間なども希望により1泊2日、1日、半日等の、自分に合ったコースから選択することが可能です。
また、追加検査項目として、さまざまなオプションも追加できます。

では1日ドックの基本的な検査項目をあげてみましょう。
ます゛、身体測定、血圧、眼科、聴力、心電図、肺機能、胸部X線、上部消化管X線、腹部超音波、血液、尿、便、内科診察などです。

オプション項目として、次のようなものです。
C型肝炎抗体検査、骨塩定量検査、大腸内視鏡検査、前立腺がん検査 <男性の方のみ>、乳がん検査 <女性の方のみ>、脳MRI検査、腹部MRI検査、頸部エコー検査、胸部CT検査などです。

この中でも特に、人間ドックで異常が見つかりやすい項目は、何だと思いますか?
それは肝機能障害、高コレステロール、肥満、腎・膀胱疾患、高中性脂肪です。

あなたも人間ドックを受けて病気などの早期発見を心がけてください。
posted by 健康診断 at 07:42 | 健康・維持と予防管理2
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。